骨粗鬆症と検査について

最近、身長が縮んだり、背中が曲がってきたと感じている方は、「骨粗鬆症」によるいつのまにか骨折の可能性があるかもしれません。

 

【骨粗鬆症とは?】

骨粗鬆症は、「骨が脆くなり、骨折しやすくなる病気」です。特に65歳以上の女性に多く見られ、転倒などの軽い外力で骨折するリスクが高まります。背骨や大腿骨近位部などが特に影響を受けやすく、高齢者にとっては日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。そのため、骨折を予防するために早期の対策が必要です。

 

【骨粗鬆症の検査】

骨粗鬆症の検査には、「骨密度測定」があります。骨密度検査には、DXA法、MD法、超音波法がありますが、DXA法が最も精度の高い方法です。

当院でもこのDXA検査で骨密度測定が可能です。

 

 

【検査を受けるべき人】

健康増進法では、「40歳から70歳の女性」に骨粗鬆症検診が推奨されています。閉経前の40歳頃から骨密度を測定し、遅くとも閉経後2-3年以内に検査を受けることが推奨されています。50歳になって骨粗鬆症の検査をしてない方は、一度ご相談ください!

 

【骨粗鬆症の予防方法】

  1. 若年者は、カルシウムを十分に摂取し、適切な運動をすることが重要です。
  2. 中高年期の方は、荷重負荷運動や散歩などを継続的に行うことが推奨されます。
  3. カルシウム、ビタミンD、ビタミンKを含む食品を摂取することを心掛けましょう。
  4. 65歳未満で骨折危険因子を持つ方は、早めに骨密度検査を受けることを検討してください。(例:過剰なアルコール摂取、喫煙、家族歴、ステロイド使用など)
クリニックのホームページはこちら
https://ujina-family-clinic.com/
投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です